低血糖症は体内にて血糖値が低くなり過ぎてしまった時に自律神経に異常が生じる症状を指し、決して気温が高くなくて暑くないのに大量の発汗をしたり手足に震えが生じて動悸が激しくなり脈拍数も増幅します。

こうした変調は値が低下し過ぎている状態を身体が教えてくれている証拠なのですが、尚更症状を進行させてしまうと中枢神経系に異常が起こるようになり視界が霞んでしまったり物体が二重に見えるようになります。

次第に風邪や偏頭痛とは違う頭痛が起こり集中力が保てなくなったり力が入らなくなるので、思わずその場にしゃがみ込んでしまい意識が遠のく場合もあります。

低血糖症は遺伝子の構成が深く関係しているため遺伝に左右されるのですが健康的な方でも起こり得る可能性が十分あり、特に食事を十分に摂取できない程多忙に動き回っている方などは陥りやすいです。

具体例としては街中を一日中縦横無尽に走り回りオフィスビルなどに対して書類を届け続ける自転車便などが挙げられ、絶えずカロリーを消費し続けているのに栄養を摂取することができずに居ると目眩を感じるようになり意識を失ってしまいます。

低血糖症は初期症状が起こった時には既に手遅れなので初めから引き起こさないようにするのが重要であり、行動の中に意識的に甘い物を口にする時間を設けるようにしてください。

即効性が高くて効果的なのはブドウ糖であり10グラム程含有しているお菓子などを食したり、砂糖が豊富に入っている物を頂くようにしましょう。

一方判断力が無くなり朦朧としていて倒れ込んでしまっているのなら、周囲に居る方々に助けて頂きブドウ糖などを歯ぐきや唇に塗布してもらってください。

そうすると粘膜から少しずつ吸収できるので低血糖症が和らいでいき回復に至るのですが、効果が高い方法であるものの一般的には認知度が低い処置です。

自分の身体が遺伝的に陥りやすい血統であるのかどうか?

今は簡単に自分の遺伝子が掛かりやすい病気を詳しく調べることができます。

事前にチェックしておくことで多くのリスクを回避できるので調べておくことがおすすめです。

周りのひとに周知しておき協力を仰いでおきましょう。

遺伝子検査キットMYCODE